​2022年度
大学生・若者2チームとの協働事業で学習支援スタート!
                【対面&オンライン】 

 昨年夏休み、湘南まぜこぜ計画が運営する「寺子屋ハウス」で、中学生への学習支援を大学生たちが開始。対面での学習を中心に学校で配布されたタブレットを使ったオンラインでの授業も試行してきました。
 2022年度は、新たに学習支援団体「ふじらぼ」との提携も決まり、国の呼びかけによる「子供の未来応援基金」からの単年度支援先に選ばれたため、講師となる若者・学生への謝礼をわずかでも支払うことができるカタチになりました。これを機に、より広く呼びかけて勉強に困っている小中学生を対象とした学習支援を行って参ります。 【勉強をサポートする高校生・大学生・若者も随時募集しています!】
 不登校等に関するご相談、サポートも行っていますので、まずはお気軽にお問合せください。

 近年「学校に行かないこと」を選択する児童生徒が増え、藤沢市でも2019年度696名だった不登校児童生徒が2020年度756名と年々増えている状況があります。
 2017年「教育機会確保法」が施行され、不登校児童生徒の「休養の必要性」が認められ「不登校は問題行動ではない」こと「多様で適切な学習活動」の重要性が明確になりましたが、当事者に対する周囲の理解や十分な学習環境も整っている訳ではありません。また、塾に通うのに経済的事情で困難なケースも少なくありません。
 一方、子どもたちに学習支援を無償で行う若者、学生の善意にだけ頼った仕組みでは持続的な課題解決にはならないと考えてこのような協働での事業を始動させました。

_20190501_100614上半分.jpg
_20190501_100614下半分.jpg

​◀チラシが開けます。

5~6月大学生と学校に挨拶へ

​以下は、一緒に中学校を訪ねたふじらぼメンバーの感想です。

 中学校訪問に伺わせていただきました。 実際に校長先生方からお話を伺えたことで、今まで大学の講義の中で学んでいたような「不登校」等の問題についてより身近に感じることができ、本当に勉強になりました。

 ふじらぼとして、中学生や小学生にどんなことができるのか。何が必要なのか。ふじらぼとしても、今一度考えていけたらなと思います。

 ここからは、僕個人としての意見なのですが、、。 学校に行けない学生には、言葉にできないような色んな気持ちがあるのかも知れません。たくさん悩み、たくさんの壁にぶつかるのが学生生活だと思います。そんな生活なのに、その生活を作るのは、学校と家というとても小さな世界であることがほとんど。そのどちらかに居辛さを感じると、まるで世界から否定されているような感覚になることだってあります。そんな学生達に、色んな人と出会うことで、世界がもっと広いことや自分のことを知るきっかけを作れる、そんな活動をしていけたらなと思いました。

​トピックス

​片瀬中学校のホームページにアップされました!
片中HPで学習支援案内.jpg

 一言で言うと難しかったという印象でした。幾ら熱意や主張があったとしても、それをただまくしたてて「〜だからふじらぼに来てください」「〜だから広告配ってください」となると相手は強引だなと感じるでしょう。しかし、相手の質問にただ答えるだけでは私たちの子供たちにかける思いが伝わらず、学校が協力するほど価値あるものだとは思ってもらえません。相手の考えや求めているものを敏感に察して、そこに寄り添いながら話し、まずは好感を持ってもらうことから始まる非常に地道な作業なのだと感じました。

 今回の○〇中学校ならば、親の理解が活動にどれだけあるかが重要視されていました。また、不登校児と言った時に、家族関係が悪い不登校児や、完全に引きこもってしまい家から出ることが困難な子供に焦点が当たっていました。「私たちの活動では親の理解がこのようにあります。」「そのような当事者達にとって、私たちはこのような居場所にするつもりです。」と明快に述べてから、他に伝えたいことも伝えるべきだったのだなと反省しました。更に、そこで説得力を高めるためにも藤沢市の不登校の現状をもっと知ることが必要だったと感じました。他にも、タウンニュースの掲載だけでは印象が弱かったようで、様々な質問をされたことからふじらぼが信頼に足る存在なのかは終始見られていた感じがしました。

 ふじらぼのメンバーとして私もふじらぼについてもっと知り堂々と答えられなければならないと感じました。加えて、ふじらぼの将来や今後どんなことを目指していきたいのかについてもメンバー全員でしっかり考える必要があると思いました。 今回の学校訪問、正直力不足で悔しかったです。しかし一方で学校訪問は不登校や不登校気味の子の支えになりたいという、私のやりたかったことを実現できるチャンスであるし、成功すればきっと多くの子供の未来を変えられると思います。今回反省することはたくさんありましたが、次に活かしていきたいです。

​▼2022年4月29日号タウンニュース「子どもの日特別企画」

279134259_1038660927047654_2531818392150511638_n.jpg

​▼2019年5月1日号タウンニュース「子どもの日特別企画」

_20190501_100614.JPG

2021年夏休み~
大学生による対面&オンライン学習支援 
withまぜこぜ計画

​夏休みから試行錯誤していた大学生のみなさんによる学習支援の形が見えてきました。

寺子屋ハウスにやってくる子どもたちとの対面での学習支援から始めて、オンラインとのハイブリッドで教える方式になりそうです。独立した学習支援グループOnline Study Houseとして活動する彼らと湘南まぜこぜ計画がコラボして、学校での勉強に困難を感じていたり、不登校の子どもたちをサポートしていきます。

まずはお気軽にお問合せください。

​ なお、この方式に関わらず、高校生や他の大学生が個別に学習支援も行っていますので、ご相談ください。

DSC_1151トリミング.jpg
DSC_1934トリミング.jpg

​寺子屋の時間は、子どもたちと一緒に遊ぶ大学生たち。寺子屋が終了してからは勉強に集中していました~

ef3b27_2d9c4de6d0144f81ad72513d792cff7f_mv2_edited.jpg

※経済的な事情など、家庭環境によって学習しにくい子どもの不利益をわずかでも取り払うために、費用負担を法人が担っていますが、

負担が可能であれば、法人への寄付などにご協力頂けると有難いです。

ef3b27_3c6ad4c22a0b4b6c8fcc2710f99dfb9d_mv2_edited.jpg