1/3

 あなたとつくる

まぜこぜコミュニティ

​最終更新日 2020年5月12日  ホーム他

【寺子屋ハウス移転のお知らせ】

4月末で、木造2階建て事務所を週一回無償で借りて運営してきた寺子屋ハウスは移転しました。

 

2016年4月からスタートして丸4年、たくさんの思い出が詰まっていた場所を離れるのは名残惜しかったのですが、新たなスタートに向けた準備のための移転です。

実は、3月いっぱいで移転の予定だったのですが、休校措置による非常事態で先延ばしして、4月からはすぐ近くにある青少年会館を当面の拠点として、変わらぬ毎週の運営を考えていました。

中長期的には、藤沢市が市内に広がりつつある様々な子どもの居場所への一定の補助事業を立ち上げるように促し、誰でも子ども本位の思いがあれば持続可能で普遍的な居場所を立ち上げ運営できるスタイルに転換できるようにと計画を練ってきたのです。

それが2月に共同で企画した『子どもの居場所を考えよう!in藤沢』の意図であり、あちこちに必要である“子どもの居場所”のあり方を住民、行政一緒に考える契機にしたいと思っていました。

けれども、その後のコロナ問題で、子どもの居場所の必要性は、より質的にも問われる状況となっています。

青少年会館の利用についても、行政によるコロナ対応で5月いっぱい閉館が決定し、寺子屋ハウスは当面の行き場を失ってしまいました。

それでも、ますます子どもたちは自分の居場所を求めて来ますので、しばらくは遊牧民?のように転々としながら、新しい寺子屋スタイルを子どもたちと模索していきます。

引っ越し作業に追われ、ご報告が遅れて恐縮ですが、これ以降も皆さまの変わらぬご支援を、寺子屋ハウス、そして、子どもたちへとよろしくお願い致します。

  • Facebookの社会的なアイコン

​寺子屋HOUSE

休校中の課題について、湘南まぜこぜ計画が運営する「寺子屋ハウス」の子どもたちの様子などを通じて発信しています。

当サイトの更新に至らない部分はこちらを参照下さい。

当面は、休校期間が長引く気配の中で、学校の校庭の開放を求めていくとともに、すべての子どもに対して学習機会の保障について藤沢市及び教育委員会に対して求めていきます。

リヤカー引いて公園での寺子屋ハウスだよ~♪

​5月1日から、これまでいつも遊んでいた大道東公園を拠点として、休校中は毎週月曜日に加えて金曜日の13時半~18時まで開いています。

【ご報告】緊急事態宣言により、藤沢市でも休校期間が延長され、希望者への給食の提供も無しになりました。
けれども、必要な子ども、家庭への軽食の提供お持ち帰り方式という形で教育委員会の対応はゼロとはなりませんでした!

この状況下で、市役所の中で相当な議論が交わされ少しでも役割を果たそうとするカタチになったことを嬉しく思います。

ただ、校庭の開放は見送られるなど、課題はまだまだあります。
国からも示されたように、緊急事態であろうとも、散歩や体を動かすことはむしろ必要とされていますが、恐らく多くの子どもが引きこもり、免疫力の低下が心配されます。
問題は、公園で遊ぶ子どもたちへの苦情が市役所に入ってくるなど、市民の無理解が足かせとなっている事です。

子どもの居場所としての必要性とリスク、どのようにバランスを取るか…明日の寺子屋ハウスでは子どもたちの意見も聞いて今後について考えたいと思います。(4月9日)

​4月7日に政府が神奈川県を含む7都県を対象に緊急事態を宣言したことを受けて、下記にある藤沢市の方針も変更を余儀なくされました。

右が、4月9日に出された学校の休校期間の延長とそれに伴う善後策についての方針です。

​休校延長の下で給食を希望者に提供することが決まりました!

寺子屋ハウス/昼ごはん食堂は終了!未来食堂は今後もご利用下さい!

2月28日突然に発表された休校で給食がなくなって困っている子ども、家庭に向けて、寺子屋ハウスは3月10日から昼ごはん食堂を開始。春休みが終わる4月3日まで18日間続けてきました。

当初は休校措置に伴う藤沢市の善後策が講じられないことに、見切り発車でしたが、たくさんのボランティアの参加、食材、お金の寄付を頂き、のべ137人の子どもたちが昼ごはん食堂でご飯を食べることができました!

そして、4月3日に藤沢市は休校措置の延長とともに、ついに希望者への給食の提供を発表しました!

寺子屋ハウス以外にもこの事態に子どもたちへの食事の提供を行ったいくつかの動きもあり、こうした声と行動が報道されたことも訴えとなって藤沢市の決断を促したのだと思います。

まだまだ、子どもたちの困難な状況が続きますので、引き続き、子どもが安心して自分らしく居られる居場所作りを広げていきたいと思います。

​お礼とご報告まで、ありがとうございました。(4月4日)

赤い羽根福祉基金ロゴ[1].jpg

この度の休校措置に伴う「昼ごはん食堂&未来食堂」の活動資金として「赤い羽根

臨時休校緊急支援活動支援募金の助成」を受けることができましたので、ご報告させて頂きます。こちらに寄付してくださった皆さまに御礼申し上げます。

【寺子屋ハウスの考えについて】

首都圏での週末「外出自粛要請」が実施され、週明け以降、その効果や事態の推移が注視されます。

28日安倍首相の会見でも、春休み明けの小中高休校からの再開についても見直しの可能性について言及がありました。

 

すでに藤沢市では小中学校は4/6から通常に戻る方向が示され、それまでの春休みの部活動も26日から再開されています。(その後の動向は日々確認中)

 

藤沢市で発表された感染は、東京などとは異なり、今のところ感染元が特定されているか、地域に広がる要素の少ない感染者に特定されていますが、今後クラスター毎の抑え込みが効かなくなれば感染爆発となる可能性は否定できません。

 

藤沢市でも経路の特定できない感染が、一日に二桁を超える状況になったり、特定されていても寺子屋ハウスに来ている子どもの通う小中学校関係や地元地域で確認されたら、寺子屋ハウスについても一定期間閉所にしたいと考えています。

 

そうでない限りは、休校措置がこれまでにもたらしている子どもたちのストレスや給食の無いことで困っている家庭などの状況もこの間、看過出来るものではないことが確認できましたので、引き続き、衛生面、健康面での対応を図りながら、寺子屋ハウスの居場所としての機能、昼ごはん食堂としての臨時対応はスタッフの対応が可能な範囲で継続して参ります。

(もちろん、市や教育委員会が対応するべきは引き続き求めて参りますが!)

 

ここまでにも、たくさんの方々から、食材や寄付、ボランティアとしてのご協力を頂きましたが、以降も臨機応変に、子どもたちのために役割を果たしたいと思いますので、どうぞ引き続きよろしくお願い致します。(3月29日) 

​朝日新聞湘南版 4月3日付  NHK「おはよう日本」3月25日

3月12日三日目のメニューは、クリームシチューと長後ロワール光月堂さんのコッペパンです。

ロワール光月堂さんは普段小中学校の学校給食用のパンを作られていますが、休校で提供できなくなり、その工場で一般向けにコッペパンを作って(1袋3個入り税込み108円という格安)販売しています。

これを使って子どもたちに無償提供する子どもの支援団体に対しては、当法人で支援を​行いますのでご相談下さい。

​ 下の写真は、やはり休校中に始動した、ぐるんとびー駒寄『まちかど食堂』に来る子どもたちにパンを提供。その時の様子です。

 そして、4月5日長後こども食堂でもコッペパンは子どもたちに提供されます!

​大阪王将さんのラーメンもいただきました!

餃子の王将さんが、休校中の子どもたちに10000食のラーメンをプレゼントする呼びかけを始め、応募したところ90食分が寺子屋ハウスに届きました。子どもたちは、やっぱりラーメンが大好き~♪

​ありがとうございました!

【要請】助っ人~!子どもの居場所で臨時ボランティア求む。

 

小中学校の臨時休校について国から要請され、藤沢市教育委員会も早速に3/2~3/25までの休校を決定。波紋が広がっています。

特別支援学校・学級に関しては給食は無いものの学校が居場所として開放される。児童クラブは朝から開所するが、普段クラブに通っていない多くの子どもは自宅で過ごすように保護者への「要請」一斉メールが届いたのです…。

先生たちは学校にいるのだから、せめて、学校、特にグラウンドを居場所として解放できないか。低学年の子だけには教室を開放できないか、教育委員会への「要請」は継続していきたいと思いますが…

 

それがすぐに出来ないのなら子どもたちの居場所をしばらく臨時で開くっきゃない~!

という訳で、寺子屋ハウスのスタッフで話しをして、居場所の無い子どもたちを受け入れる開所体制のアップデートを健康的で衛生的な配慮の下で図りたいと考えています。学校に行けずに、不安な子どもたち、そんな子どもを置いて働いかざるを得ない保護者のみなさん、そんな状況を学校の外で支えよう!という大人のみなさん、力を貸してください。

勉強をみて下さる方もですが、公園など外で元気に遊べるよう見守って下さる大人を募集します! 

​見学・体感いつでもOK!

​家でもない学校でもない

寺子屋ハウス

​~宿題持って遊びにおいでよ♪~

 毎週月曜日(祝日除く)

 13時半~18時開所

​ 登録や予約などは不要です。

 住所:藤沢市朝日町15-2

   

​未来食堂のあるまち基金事業

 

仕事や病気などの事情で子どもと一緒に食事ができない時に、子育て家庭を地域で応援する制度です。

タウンニュース2019年5月1日「子どもの日特別企画」に紹介された「寺子屋ハウス」

​調査結果報告は以下の通りです。

​イベント情報や
お知らせをチェック

Follow us on 

Facebook

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Facebook Clean


​大人の寺子屋

はじまります。

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Follow Us
  • Google+のソーシャルアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • White Instagram Icon