• 原田タケル

初めての出張寺子屋ハウスです。

12月21日にはじめての試みです。

急きょ藤沢市内某所にて出張で寺子屋ハウスを開いて来ました。


とある小学5年生のクラスでのいわゆる学級崩壊の様子が聞こえてきたのですが、なぜそうした事態になってしまったのかはさておき、子どもたちが今なお、その渦中にあって、学校と保護者のやり取りも膠着している中、ある保護者の発案でちょっとした放課後フリースクールが始まっていたのです。


当該クラスの子もそうでない飛び入りも自由に公園で行われるスポーツ教室に交わり、 しっかり挨拶に始まり、話を聞いてルールを決めたら、みんなで元気に体を動かしていく。ごく自然で楽しそうな子どもたちの光景。


教室の中では収拾のつかない騒ぎの当事者だったり、しばらく学校に行けなかったりした子も…弾ける笑顔。


実は、その保護者の知り合いのプロのスポーツトレーナーがボランティアで開く教室のオマケに、飛び入りで寺子屋ハウスとして参加させて頂いたのです。


元気に体を動かしたあとは、みんなで一緒におやつタイム~♪


終わる頃を見計らって、用意した七輪に起こした火で、お餅が膨らんできたぞ~!と早速お餅目がけて走ってくる子どもたち。その笑顔は最高でした。


学校でもなく、家でもないけれど、子どもが自分らしく過ごせる多様な居場所が求められる今日この頃。

寺子屋ハウスののぼり旗を持って、子どものいる場所どこにでもお邪魔しまーす♪

45回の閲覧

最新記事

すべて表示

いまさらのお試しアップ

【8月28日の寺子屋】 早いもので夏休みが終わりを迎え、小中学生は今週から通学再開しました。そのため、開始後30分くらいは大人のみで、子ども達が来るのを待っていました。 徐々に集まり出すと、iPadで動画をみたり、大人相手に手品をしたり、今日も思い思いに活動していました。そんな中、中学生はテストに向けて勉強中。夏休み明けのテストはキツイなと思いつつ、テスト範囲の広さに驚きました。短い夏休みだけに、

「2018年度 市民活動応援プログラム 報告・交流会」より

2019年1月~12月の間の活動を支援いただいている生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ主催の交流会に、原田さんと森で参加したご報告です。 この助成で採択された15万円の他に、生協組合員にチラシ等で組合員に広く活動への賛同を呼びかけてもらい、賛助金を得る道も開かれています。 賛助金が一番多かった団体に贈られる「組合員応援賞」と、活動支援運営委員会が選んだ「運営委員会特別賞」の授賞式も兼ねた交流

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Follow Us
  • Google+のソーシャルアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • White Instagram Icon