​みかじりさんちにおいでよ。

 この事業は、2020年度に一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団の「住まいとコミュニティづくり活動助成事業」を受けて事業をスタートさせました。
 活動のテーマは「空き家活用×コミュニティ再生」による持続可能な町内会とNPOの新しい関係性の構築。

 地元町内のみなさんと協力しながら、地域の居場所として2020年4月開所予定でしたが、コロナのこともあり、ようやく10月からの始動となりました。

 

 2021年度は、助成が終了しましたので、運営、管理について、みなさんに知恵も力もお借りして事業を進めて行きたいと考えています。

地域の誰もが集える居場所づくりにぜひともご参加下さい。 

みかじりさんちの様子は以下のブログをご覧下さい。

「空き家活用×コミュニティ再生」による
持続可能な町内会とNPOの新しい関係性の構築
00011cucumber.jpg
​Blogでの【徒然日誌】

みかじりさんちで始まったのは「寺子屋ハウス」だけではありません。

「お茶飲み友だちの居間と縁側」という高齢者や母子連れなど日中の居場所づくりを当法人として、初めて始動させました。

 

まぜこぜ計画の名前の通り、子どもを中心とした多世代多様な大人の集うコミュニティ作り、そこから地域課題の解決を図っていくというモデル的な事業は、私たち法人の掲げる任務、目的を端的に表現していく場になると思います。

 

当面、子ども向けの寺子屋と、居間と縁側事業を別々に開きながら、相互に作用し、まぜこぜな関係性が醸成されていくことを漠然とイメージしています。

 

今日は、前回来られた独居の86歳女性がお友だちを連れてきたのに加え、ここ数年は町内の世話役として活躍し居場所の管理人にうってつけの年配女性も初登場にして、お茶を入れたポットにコップ、手作りのお茶受け一式を早速持参して仕切って下さいました。

 

法人メンバーと合わせれば世代も40~80代までの話題満載。笑いっぱなしの3時間があっという間に過ぎました。(詳細は日記にて)

 

この居場所を開く中心となる「管理人」は、法人メンバーだけでなく、町内からも入ってもらい、管理人が入れる日程の分だけ居場所が開かれるという形になりそうです。

そうした「管理人」たちで、今後の管理、運営を相談しながら展開していきます。

私は、久しぶりに小学生たちが思い思いのことをしている場に参加出来ました。みんなで話しているのも、1人でゆっくりするのも自由。そんな環境って素敵だなって思いました。無理にみんなで一緒にするのではなくっていう環境に自分も、居心地がいいなって思ったし、頑張りすぎなくてもいいのかなとふと感じました。困ってることを無理に聞き出すのではなく、自然と見えてくるからとすごく干渉するわけじゃないことも、もし何かあれば頼ることが出来る人がいることも、それぐらいの距離感の人って小学生の頃に沢山出会えるわけじゃないと思うので、大切な場所だなと思いました。元気な声が響いていて、自分も自然と笑顔になりました。

DSC_0598~2.JPG
DSC_0691.JPG
DSC_0666.JPG
DSC_0661.JPG
DSC_0709.JPG
​フリマは子どもも大人もまぜこぜ大盛況~♫
DSC_0719.JPG
DSC_0682.JPG
_20200818_142448.jpg
20210503_185116.jpg
ボランティアに参加した高校生より
_20201223_154035.jpg
_20201128_220539.jpg
_20201031_223239.jpg
_20200928_185006.jpg
sn_butterfly_0001_01.jpg
DSC_0593~2トリミング.jpg
DSC_0129~2トリミング.jpg
DSC_0002_2.jpg
_20210126_160334.jpg